シリコンバレーから日本へ

「iモードという日本のサービスがすごいらしいとシリコンバレーでは有名だった。個人的にiモードについて調べるうちに、何かを変えていくサービスなんじゃないかという予感がした」

日本のネットサービスは「ユーザーのことをよく理解して作られている」と感じている。「ニコニコ動画のコメントは、すごく知的な使われ方をしている」

これからのPCは手書き入力だ!

次期WindowsOSはマルチタッチが採用されるというニュースがありました。
尤も、次期OSを待つまでもなく、タブレットPC か VISTA にタブレットを繋げたPCならば、手書き入力機能を使うことができます。

この手書き入力を一度使ってしまうと、もうキーボードに戻れません。
入力速度はキーボード入力が勝りますが、手書き入力は考えながら文章を書く時など、文字を手書きで書き出しながら思考を確認することが出来るのです。

「入力」であればキーボード、文字を書く、文章を書く、或いは思考をめぐらす、というのであれば「手書き」が勝ると思います。

現在のPC(XP Tablet、VISTA)の手書き認識能力は予想以上で、十分実用的だと思います。

iPhoneがやってくる

E-MOBILEの経営者は「iPhoneの時代は終わった」みたいなことを言っていましたが、EmobileのEmonsterユーザーとして言わせて貰うと、「iPhone欲しい」。

なんといってもEmonsterはインターネットが非常に使いずらい。
現在Emonsterは殆どメモ帳、ごく稀にモデム、という状態です。
しかも、購入して3ヶ月ですでにフリーズするようになってしまっているので、メモ帳としてもあまり使わなくなってしまいました。

高い買い物をしてしまった、と後悔している今日この頃。

Vistaで地デジ番組が見られる

地デジ視聴・録画機能を備えた「Windows Media Center TV Pack」を出荷されるらしい。
「Windows Media Center」の拡張パックとして提供される。
Vistaが地デジ対応に2年近くかかったのは、日本独自の放送規格ISDB(Integrated Services Digital Broadcasting)への対応と、コンテンツホルダーの要求に見合った著作権保護機能を付けるのに手間取ったためだとか。