驕れるもの久しからず?マイクロソフトはやりおかしい

昨日面白いブログの投稿を見つけた。

それはマイクロソフトの元会長 古川亨氏が書いているブログだった(↑上のブログは古川氏のブログを教えてくれた記事です)。
2月14日のタイトルは「MS-IMEさらにおバカになっていく」
記事内容は衝撃的。

『某MS社員に、「MS IME最近どうなっているのよ?」と先週聞いた答えが…「IME開発の主体が、中国にシフトしまっていて我々も手を出せない……個人的にはATOKに切り替えようと思っている」と言う現役開発系社員の発言に絶句!!! 』

私は、MS-IMEに関しては全く一切何にも期待せずに使っているのでこんなものだろうと思っているのだけれど、たとえばMobile版のブラウザに関して言えば、IEよりサードパーティ製のブラウザの方がページの再現性が良いなんて、マイクロソフトは技術力がないのかユーザーを舐め切っているのかのどちらかだとしか思えない。
その他、今更言う気にもなれない事柄は山ほどある。

Windowsパソコンがここまで世間に出回っている以上Windowsの問題はもはや一企業の問題ではない。
マイクロソフトは猛省してほしいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です