香港:鳥インフルエンザ感染拡大、97年以降最大の危機

【大紀元日本6月16日】全文はこちら

香港政府は6月11日にさらに3つの市街地で抜き取り検査用鶏糞サンプルより、鳥インフルエンザH5N1型ウイルスを検出し、感染範囲は香港全体にわたることになった。

伝染病専門家は、香港が中国に返還されてから最大の鳥インフルエンザ危機に直面したと警告した。

張氏は「これまでに死亡した鶏の中から、鳥インフルエンザを発見していたが、今回は死亡した鶏はいなかった。すべてのサンプルは鶏糞から検出された。これは尋常ではない」と指摘した。

立法会食物安全及び環境衛生事務委員会副主席の李華明氏は、政府に対して、鶏輸入禁止の期限を延ばし、感染源を究明し、市民に安心をさせるべきだと示した。

ヒト感染は家禽と近距離接触による感染され、初期の病状は普通のインフルエンザと似ており、高熱、肺炎、呼吸困難、多種器官の衰弱などの症状が現われ、死にいたることもある。

【大紀元日本6月16日】全文はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です