チャイルドシート、正しく取り付けられていないケースが7割


使用されていたチャイルドシート413台のうち、しっかり正しく取り付けられていたものは約3割。残る7割はミスユースがあった。もっとも多かったのは「腰ベルトの締め付け不足」で半数以上。次いで、「座席ベルトの通し方(が間違っている)」「固定金具などの不備・誤使用」もいずれも1割以上。このほか、「シートに置いただけ」というケースも1%以上あった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です